あんしんかんフェア2018

毎年恒例の冬のイベント「あんしんかんフェア~みんなで防災トレーニング~」を、2018年1月13日(土)に開催いたしました。

たくさんの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

1階では「防災〇×クイズ」・「地震・煙体験」・「防災かるた」・「防災シアター」・「消防服試着コーナー」、3階では「救急救命体験!」「やってみよう!ロープワーク」「非常食コーナー」を実施いたしました。また、今回は特別企画でNECネッツエスアイ(株)によるVR(バーチャルリアリティ)消火器体験コーナーを設けました。

それでは今年の『あんしんかんフェア』の様子をご紹介します。

☆ 1階 あんしんかん ☆

防災〇☓クイズ

消防士が出題する防災に関するクイズを、「〇」か「☓」かで答えるコーナーです。出題も多く、内容も多様で多くの方に参加して頂き、大いに盛り上がりました。

地震・煙体験

震度6強の地震の揺れと煙の中を 避難する体験をしてもらいました。

まず、揺れを感じたら身の安全を 図りましょう。 揺れが収まったら、火の始末をします。 煙の中を避難するときは、姿勢を低く、ハンカチや手などで鼻と口を押え、煙を吸わないようにし ましょう。

照明が消えて暗闇の中という想定での避難を再現してみました。懐中電灯1個だけで進むリアルさは、またとない体験です。

VR(バーチャルリアリティ)消火体験

今回は、NECネッツエスアイ(株)の 特別企画でVR (バーチャルリアリティ)での消火体験コーナーもあり、最新テクノロジーを活用した疑似消火を多くの方が体験されました。

消防服試着コーナー

横須賀市の消防士が着ているものとまったく同じ消防服を、試着することができるコーナーです。子供用サイズに作られた消防服や制服もあり、最新レスキュー消防車の大型写真の前で記念撮影をされている方がたくさんいました。

防災シアター

通常は、阪神・淡路大震災のバーチャル映像をご覧いただいていますが、イベント中だけは「親子で防災訓練」や防災アニメーションなどのDVDを上映しました。


防災かるた

防災に関するかるたを2つのグループに分かれて、読み上げた札を取ってもらいました。参加した子供たちは、楽しみながら防災知識を身に付けました。

☆ 3階 会議室 ☆

救急救命体験!

日本では、119番してから救急車が到着するまで、約8分です。その8分間に、AEDが来るまでの間に応急処置として心肺蘇生法を行うと命を救うことが出来るかもしれません。技術指導は、救急救命士が直接行いました。みなさん熱心に取り組んで頂き、ありがとうございました。

ロープワーク

ロープワークは、結び方を覚えると災害時など様々な場面で役に立つので便利です。 普段の生活でも 活用できるロープワークを消防士が直伝しました。

非常食コーナー

アルファ化米の試食は、思っていたよりも美味しいと好評で、これなら普段用にもなるので常備したいというご感想が多く聞けました。また、最新非常食 (米・菓子・パン・肉じゃが等)の展示及び非常時の便利グッズの作り方紹介パネル、紙皿の作り方パネル等も展示して、備蓄の参考にしてもらいました。

今年の「あんしんかんフェア」はいかがでしたか?

イベントで体験し学んでいただき、災害時に役立ててもらえたら幸いです。今後も防災のことを楽しみながら学んでいただけるようなイベントを企画し、開催したいと思います。あんしんかん並びにスタッフ一同、よろしくお願いいたします。